お取り寄せグルメ情報サイトTORICO お取り寄せで本当に美味しいものを選びたい人のためのサイト ケーキのイラスト
罫線
トップ お取り寄せレビュー みんなでつくる!お取り寄せ帳 TORICOって何? お取り寄せのコツ
 協力 : Google
満足度別 :
☆☆☆☆☆
☆☆☆☆
☆☆☆以下
レビュアー別 :
ayanさん
ジゾウさん
DECOさん
TORICOが本になりました!お取り寄せFANなら手元に置いておきたい素敵な一冊に仕上がっています。

お取り寄せレビューRSS お取り寄せレビューのRSS

トップ > スイーツ > TORAYA CAFE あずきとカカオのフォンダン > ayanさんのレビュー

TORAYA CAFE あずきとカカオのフォンダンの写真
お気に入りリストに加える
ayanさんの似顔絵 ayanさん
満足度9点
商品名
あずきとカカオのフォンダン
ショップ名
TORAYA CAFE
価格
2625円
「とらや」といえば、その名を知らない人はいないほど有名な和菓子のお店。
1500年代に京都に誕生したといわれ、以来数百年続く伝統をもつ老舗である「とらや」が新しくオープンさせたお店、それが「TORAYA CAFE(トラヤカフェ)」です。

TORAYA CAFEのお菓子は、とらやのあん(こしあん、小倉あん、白あん)を主役に、チョコレート、ココア、はちみつ、ナッツ、スパイス、リキュールなど「洋」の素材をあわせた新しい感覚のお菓子とのこと。こう聞くと、「本当にあんとチョコレートが合うの?」と首をかしげる方もいらっしゃるかもしれませんね。

私も実際に食べてみるまでは半信半疑だったのですが、今回、TORAYA CAFEの「あずきとカカオのフォンダン」を食べてみて、あんとチョコレートの相性のよさに驚きました!
あんの原料である小豆も、チョコレートの原料であるカカオも、同じ豆同士。そういわれてみれば相性が良くても不思議はないのかもしれませんが、カカオ豆というものを日常的に目にしたことのない私たちは、どうしてもチョコレート=豆とは連想しにくいものです。

「あずきとカカオのフォンダン」は、あんを主役に、香りの良いチョコレートを加え、シナモンとポートワインの風味でアクセントをつけた焼き菓子。ぱっと見た感じではチョコレートパウンドケーキのようですが、手に持つとずっしり重量感を感じます。包丁で1cmほどの厚みにスライスしてみると、その切り口は意外なほどしっとりしていました。

フォンダンを口に含むと、ねっとりとした濃厚な食感と、コクのある甘さが広がります。
その味わいは、「これがあん、これがチョコレート」と個々の素材を認識できるものではなくすべての素材が渾然一体となったものでした。
歯で噛んで食べるというのではなく、舌の上でおしつぶすようにして味わっているうちに、知らないうちに固体は喉の奥に消え、口の中には余韻だけが残っている…という感覚。

シナモンとポートワインの風味は、食べている最中はあまりわからないのですが、飲み込んだ後、口の中にほのかにその存在が残っているのを感じました。
このあずきとカカオのフォンダン、甘みはかなり強いのに、ただ甘ったるいだけの単純な味ではないのは、このアクセントに秘密があるのかもしれません。

無糖の飲み物と一緒にいただくのがおすすめですが、コーヒーにも紅茶にも、そして緑茶にもよく合います。冷蔵〜常温ですと、しっとりと濃厚な食感が堪能できますし、レンジで10秒ほど加熱すると、まるで違ったとろけるような味わいが楽しめます。

少々甘みが強すぎる気はするものの、決して「今どきの若い人向けのスイーツ」ではなく、幅広い年代に受け入れられるお菓子。それが「あずきとカカオのフォンダン」の印象です。

TORAYA CAFEには、他にも「あずきとカカオのガトー」、「白あんのカステラ」、「木の実と白あんの松風」などのお菓子がありました。こちらも是非いつか食べてみたいものです。
商品の箱や外装、パンフレットも、シックで非常にセンスのよいものでしたので、贈り物にもぴったりだと思いました。

あずきとカカオのフォンダン : 総合 | ayanさん | ジゾウさん | DECOさん

(2006-09-09)
TORAYA CAFE「あずきとカカオのフォンダン」 を お気に入りリストに加える
このレビューをお気に入りに入れているメンバーのリスト
鎌田商事株式会社 五色醤油 7ケ入の写真岩崎本舗 長崎角煮まんじゅうの写真ルタオ ドゥーブルフロマージュの写真アンリ・シャルパンティエ プティ・タ・プティの写真

関連リンク

レビュアーの皆さんに聞いてみました

Copyright © 2006 お取り寄せグルメ情報サイトTORICO(トリコ) All Rights Reserved.